トッププロフィール教材紹介お客様の声良くある質問お申し込みお問い合わせ

トップページに戻る

■良くある質問

Q.

勉強法に関しては、書店でたくさん出ていますが、それとの違いはなんですか?

A.

最も大きな違いは、メールサポートとコーチングが受けられることです。

あなたのお子様が受験勉強をしていく中で、どうしたら良いか分からなくなり、立ち往生しても本は教えてれません。これが意外と致命的なことで、ただでさえ貴重な時間を、迷いが生じたために無駄に使ってしまい、前に進むことの障害になってしまうことが多いのです。

DVDには様々な特典をお付けさせて頂きました。
実のところを言うと、メールサポートやコーチングの方が商品といっても大げさではありません。

もちろん、DVDを見るだけであなたのお子様が合格するまでに必要なことはすべて盛り込まれています。また誰でも理解できるよう分かりやすい言葉でお伝えしています。
そして、私がエネルギッシュに熱く語っています!


それでもあなたのお子様が理解できなかったり、特殊なケースに対応するために絶対にサポートが必要であると考えております。

これが書籍との大きな違いです。
ですから、迷われた場合には直ぐに質問してください。

それともう一つ内容的に大きな違いがあります。
この教材は何度もお伝えしていますが、成功哲学から見た受験に合格する方法です。
書店で良くある書籍は記憶術や個別のテクニックを教える勉強法が大半であると思われます。従って他の勉強法とは全くジャンルが異なるものをお考えください。

Q.

効果を得るまでどのくらいの期間が必要ですか?

A.

3ヶ月あれば充分に効果を実感して頂けると思います。
実際、私は浪人時代にこの勉強法を初めて最初の3ヶ月でE判定からC判定に成績をあげることに成功しています。
本当にこのプログラムの成果を実感するのは本番の試験です。
なぜならばこのプログラムは試験の本質を見抜いたうえで本番の試験で最も成果がでるように作られているからです。

Q.

DVDを見て実践しても結果を出せる自信がないのですが・・・

A.

このDVDでお伝えする内容は小学生でも実施できる内容です。
時間がかかったり、他にお金がかかるものでもなく、誰でも簡単に実践することができます。
結果が出せるか出せないかはこのDVDでお伝えしている内容を実施するかしないかただそれだけです。
それだけ簡単なことなのです。
その簡単なことさえ実施するのができないと思われるようでしたら購入しないでください。

Q.

子供が見てくれるか不安なのですが・・・

A.

まずはあなたがじっくり見てください。
あなたがこの神髄が分かっていればお子様に自然と伝わります。
教材を子供に与えれば成績があがるだろうと安易に考えて全く子供が勉強しないというケースが良く有ります。

まずあなたが中身をしっかりと把握してください。

そしてセッション0は親子で見る内容になっているので一緒に親子でご覧になったらよいと思います。

教材を子供にあたえるときは慎重になる必要があります。

なぜならば自分はまだ充分にできていないから教材を与えられているんだと自分の自己イメージをさげてしまう可能性があるからです。

ですからこのプログラムを息子さんに伝えるときはお子様が本来持っている無限の可能性を引きだすんだという意識で伝えて頂けたらと思います。

もし自信がなければ相談下さい。

Q.

試験まで残り時間がわずかですが使える方法ですか?

A.

このプログラムは最大限効率的な勉強のしかたが分かる内容となっています。そして先程も申し上げましたが本番で力が発揮できる内容となっており、残り2ヶ月でも十分効果を出して頂けます。また本番ではメンタル部分が結果に影響してきますので、本番で力を発揮できるメンタルも作っていくことが可能です。

Q.

入試までまだ1年以上あるのですが、まだ早いでしょうか?いつから始めるのが良いでしょうか?

A.

わくわく試験合格術は、早く学べば学ぶほど、志望校が明確になり、 合格がより確実なものとなります。
受験まで一年以上の期間があるときにわくわく試験合格術を知ったあなたはラッキーです。
ゆとりを持って取り組んでください。

Q.

商品の購入方法がわからないのですが。

A.

この手紙の「お申込みは今すぐこちら」のボタンをクリック頂くと、購入手続き画面が開きますので、そのページから必要事項を入力し、購入手続きを行って頂くことでご購入頂けます。

Q.

小学生や中学生にも使える方法なのでしょうか?

A.

「はい、大丈夫です。」

勉強の中身ではないので、内容についていけない事はありません。

またできるだけ早く学んだほうが良いのは事実です。

Q.

このプログラムは資格試験にも使える方法なのでしょうか?

A.

資格試験にも使える方法です。
先程の質問と同様に勉強の中身ではないので、受験勉強と同様に効果を出すことができます。

Q.

一日どのくらいの勉強時間が必要ですか?

A.

勉強は時間ではありません。如何に必要な勉強に集中できるかが大切です。

そして不要な勉強を如何に排除できるかが合格するために重要なことなのです。

DVDではそのことを詳しくお伝えしています。




  



Copyright © 2010 RE All Rights Reserved. Powered by infoplate